キミが行き場に迷った時 いつでも手を差し伸べて救ってあげたい
2016/12/20(火)18:23
皆様今晩は。
珍しい時間にブログ更新の時間が取れました😅
今病院の雑談室です。
3時間遅れで叔母が手術室に入って行きました。
何事もなく無事に帰って来てくれるように祈るだけです🍀

私の仕事先のお客様でワンちゃんをご希望の方がいらっしゃいます。
ただ…独身者、高齢者(60歳)、男性などの私からみたら不利な条件…仕事は出社時間が長い…お休みは週1日です。
それに一番の問題は仔犬希望です。
いや❗ちょっと待って…自分の年齢や生活環境等諸々考えたらとても仔犬は無理でしょう😠✋
自分だって年齢を重ねればいろんな不自由も出てくるし、病気をするかもしれない、最悪ワンちゃんより先に天に召されるかもしれない😅
そんなことを考えたら仔犬を迎えるべきではない❗ってお客様なのに言ってしまいました。
どうしても…って言われるのであれば成犬🐶のそれも少し中年の子にしたらいかがですか?とお話ししましたが😞💦
本人さんは最初から自分で育てなければ、可愛くないし、家族と思えない❗って…それに「アニモ」(岡崎市の保護施設)での審査にはちゃんと通過しているし、太鼓判押されている❗ってなんで???
誰でも里親さんになっても大丈夫なんでしょうか???😅
もしも…飼い主さんに何か有って、その時は成犬になっていて他の里親さんに巡り会えなかったらその子は殺処分になるしかないかもしれないんですよね😢
もっと慎重に、確実にワンやにゃん達が幸せになれる道筋を造ってあげてほしいですね。
動物達の幸せは…命は人間次第です❗

今施設に持ち込まれてくる子達には、飼い主さんが病気になった。
飼い主さんが亡くなってしまった。
飼い主さんの生活苦。
ワンちゃん(にゃんちゃん)が年をとって面倒をみるのが大変(お金が掛かる)
苦しむ姿を見たくない(亡くなる姿を見たくない)
こんな理由も増えてきたんです。
これって人間の身勝手な言い訳や都合ですよね❗
こんなことは許されたらいけないことばかりです❗
自分の人生に…自分がしてきたことに最期まで責任を持って生き抜いてほしいです。
動物達の命を玩具を扱うかのごとく接してはいけないと受け止めてください。

そうだ💡この高齢の男性に何故今ワンちゃんが必要なんですか?と訪ねてみました。
独りは淋しいから…と答えられましたが…貴方がもしも居なくなったら遺された子も貴方と同じように淋しいんですよ。とは言ってみました。
私の思いか通じたか否かは分かりません…

外猫ちゃん達にフードを頂きました。
いつもいつもご支援してくださいますO様です。
有り難う御座います。
心から感謝致します🍀



なりふり困らず一生懸命面倒を見てくださっている野良猫母ちゃんに届けさせて頂きますね🍀

ポラリスっ子はマッタリ平和にしてますよ。
平和が良いですね🍀
元気に居てくれたらそれが一番ですね🍀

リルは病気に負けじと頑張ってる強い子です😌💓



ワンパク坊やのカノンは沢山の事を覚えて😅😵💓ドキドキしちゃいます。



全く視力は無いのに家の中なら上手に移動できるようにこの所なりましたね🎵
トイレも失敗が激変してきましたよ🎵



チッチとモーリーです。
良く似てきたと思いませんか?
たまに間違えちゃいます😅



シオンは母ちゃんの引っ付き虫です😵
甘えん坊です😅
でも…カノンに負けず劣らずワンパク坊やなんだよね😅



リックは控え目な男の子です。
いつもみんなの後ろに居るような子なんですよ。
そをんなリックをたまに不敏に思ってしまいます。
母ちゃんはいつもリックの事見てるからね🍀



ここにマリンがいないのが寂しいです😢
当たり前が、あたりまえでないのが現実です😢
産まれたときから死に向かって生きているのですが…やっぱりそこにマリンがいないのが寂しいです😢

2016年も後10日程ですね😅
これ以上何事もなく静かに時が流れてほしいですね。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://polaristart2010.blog97.fc2.com/tb.php/619-a0216ea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

リヴママ

Author:リヴママ
愛知県豊田市で活動しています。
より多くの犬猫の受け入れや里親探しができるように、または里子に出ることが難しい犬猫たちの生きる場所を確保する為に、ワン・ニャンホームを立ち上げようと只今奮闘中!

※これから家族(ワン・ニャン)を迎え入れようと考えていらっしゃる方へ。
どうかペットショプに行く前に地元にある愛護センターや愛護団体に足を運んでみてください。
あなたのお迎えを待っている家族がいるはずです。
個々のライフスタイルに合った素晴らしいパートナーと出会えることを心から祈ります。
人も動物達も幸せな生活が送れますように・・・。


 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
動物たちの権利擁護


ただいま絶賛上映中!
  環境省ポスターをA4サイズでダウンロードできます

ご協力ください


  ポラリス設立基金にご協力を!


  医療費カンパお願いします!


  ワン・ニャンHome設立にご協力を!
にほんブログ村

    殺処分はもうやめよう!
人気ブログランキングへ

FC2カウンター

検索フォーム

 | ワン・ニャンHome ポラリスTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX