キミが行き場に迷った時 いつでも手を差し伸べて救ってあげたい
2012/04/17(火)06:02





どうぶつの気持ちさんからの転記です。
2011年3月11日から
毎日の様に何通も数え切れないほどのメール&嘆願書を提出してきた成果が出たのだと思いたいです。
我々だけの力ではないと思いますがその一人一人の力が集まり大きな力になったのだと思います。--------------------------------------------福島県知事 佐藤 雄平 殿
平成24年4月5日
原子力災害対策本部長 内閣総理大臣 野田 佳彦指示貴県に対する、原子力災害対策特別措置法(平成11年法律第156号)第 20条第3項に基づく平成23年5月12日付け指示は、下記のとおり変更する。記平成24年3月31日時点において、原子力災害対策特別措置法
(平成11 年法律第156号)第28条第2項の規定により読み替えて適用される災害対策基本法第63条第1項の規定に基づき設定された警戒区域の域内に生存している家畜及びその子孫(以下「対象家畜」という。)については、捕獲を進め、その所有者が対象家畜の処分に同意する場合、その所有者が特定できない場合、その所有者が正当な理由なく一定期間内に対象家畜の引渡しを受けない場合その他対象家畜を処分する必要がある場合は、苦痛を与えない方法(安楽死)によって処分すること。また、対象家畜については、貴県において避難指示区域内家畜対処方針を策定し、これに基づき、出荷(対象家畜から生産された畜産物を含む。)、
東京電力株式会社福島第一原子力発電所から半径20キロメートル圏外への移動及 び繁殖の制限、外見上明白に区別可能なマーキング並びに分別飼養その他の管理を行うよう、対象家畜の所有者及び関係事業者に要請すること。
--------------------------------------------要は「何が何でもむやみな殺処分は行わない。」という事ですね。
但し、これはあくまでも通過点だと思ってもらいたいです。
この内容が本当に実際行われているのかをこれから見定めていかなければならないと思います。
大熊町への対応はなるべもっと早く動いてほしかった・・・・・・・というのが僕の感想です。
大熊町への対応はなるべく自分自身で事実を確認して慎重な対応をお願いします。
これからも慎重に見守って行きたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://polaristart2010.blog97.fc2.com/tb.php/283-ad1c0d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

リヴママ

Author:リヴママ
愛知県豊田市で活動しています。
より多くの犬猫の受け入れや里親探しができるように、または里子に出ることが難しい犬猫たちの生きる場所を確保する為に、ワン・ニャンホームを立ち上げようと只今奮闘中!

※これから家族(ワン・ニャン)を迎え入れようと考えていらっしゃる方へ。
どうかペットショプに行く前に地元にある愛護センターや愛護団体に足を運んでみてください。
あなたのお迎えを待っている家族がいるはずです。
個々のライフスタイルに合った素晴らしいパートナーと出会えることを心から祈ります。
人も動物達も幸せな生活が送れますように・・・。


 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
動物たちの権利擁護


ただいま絶賛上映中!
  環境省ポスターをA4サイズでダウンロードできます

ご協力ください


  ポラリス設立基金にご協力を!


  医療費カンパお願いします!


  ワン・ニャンHome設立にご協力を!
にほんブログ村

    殺処分はもうやめよう!
人気ブログランキングへ

FC2カウンター

検索フォーム

 | ワン・ニャンHome ポラリスTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX