キミが行き場に迷った時 いつでも手を差し伸べて救ってあげたい
2011/07/05(火)23:27




皆様こんばんは
今夜はお星様がとても綺麗です
なんだかホッと出来る夜です
空気も冷たくって気持ち良いですね
エアコンを切って窓を開けて眠れそうです

今夜はリリィ(13歳)イエローラブ女の子のご紹介をさせて頂きます最初の連絡は知り合いからの電話からでした。 飼い主さんがご病気で他界され息子さんが面倒をみて居ましたが、独身者のこの方がワン子の世話をするのが大変で、保健所(センター)に連れて行こうとして居るから、何とかリヴママの所で引き取って上げられないか…との事からでした。
実際の所大型犬4頭になるのは振動と思っていましたが、その頃協力して下さっていたボラさんが預かりを引き受けて下さって引き取る事にしました。
同居ワン子にダックスちゃんが居ましたが、その子は預かり母ちゃんのおかげで家族と無事巡り会え今は幸せに暮らしております。
迎えたリリィは何とも無愛想で、孤独主義、人を見下したように見るのですいったいどうしたらこうゆう子が育つのかと不思議なぐらいでした預かりさんのお宅の娘さんにとても大切にしてもらい、タップリ愛情を戴いたおかげで大変身して我が家に帰って来たリリィは甘えん坊の大ストーカー
老犬にしてはテンション高い可愛いワン子です。11歳頃から病院通いが多くなりましたが、本人は犬生をエンジョイして居るようです
あの時引き取らなければ年齢からいって処分は免れません
私もいつどうなるかは分かりませんが、万が一の事を考えて、自分が居なくなってしまったらワン子達の世話をし最期まで面倒をみて下さる場所を探しておくべきだと思います。
その場所がたとへお金が掛かる場所でも確保しておくのは家族として当たり前の事だと思います皆さんはどう思われますか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://polaristart2010.blog97.fc2.com/tb.php/187-f85e1812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

リヴママ

Author:リヴママ
愛知県豊田市で活動しています。
より多くの犬猫の受け入れや里親探しができるように、または里子に出ることが難しい犬猫たちの生きる場所を確保する為に、ワン・ニャンホームを立ち上げようと只今奮闘中!

※これから家族(ワン・ニャン)を迎え入れようと考えていらっしゃる方へ。
どうかペットショプに行く前に地元にある愛護センターや愛護団体に足を運んでみてください。
あなたのお迎えを待っている家族がいるはずです。
個々のライフスタイルに合った素晴らしいパートナーと出会えることを心から祈ります。
人も動物達も幸せな生活が送れますように・・・。


 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
動物たちの権利擁護


ただいま絶賛上映中!
  環境省ポスターをA4サイズでダウンロードできます

ご協力ください


  ポラリス設立基金にご協力を!


  医療費カンパお願いします!


  ワン・ニャンHome設立にご協力を!
にほんブログ村

    殺処分はもうやめよう!
人気ブログランキングへ

FC2カウンター

検索フォーム

 | ワン・ニャンHome ポラリスTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX